不飽和脂肪酸

アラキドン酸とPGE2

アラキドン酸は不飽和脂肪酸であり、炭素20の中に含有している物質で、植物由来の物として存在しています。
プロスタグランジンは、アラキドン酸カスケード内で生合成されます。

アラキドン酸は、サプリメントの中でも、脳への健康を考慮して製造されています。
野菜には含まれていないので、ベジタリアンがアラキドン酸サプリを好んで摂取することが多いのです。

この成分の詳細を見てみると、体内で生成される成分の一つがPGE2と言われている成分を含みます。
これは、人間の感覚に非常に携わっている物質であり、特に痛みを感じる事に携わります。
出産時の分娩や、発熱はこの成分が深く関わっていると言われている成分なのです。
女性には特に関わりが強く、この成分が重要な役目をする時があります。
体内で、このPGE2が正常に分泌されていると、月経時の出血がとてもスムーズに行われるようになり、体への負担の軽減につながります。
また、体内に経血の残りが無い状態になるので、子宮内を清潔な状態に保つ働きを持つため、女性には非常に大切な成分となっています。

このPGE2は、子宮に関係している成分であり、分娩中には陣痛をスムーズに行うようにする陣痛促進剤にも使用されるので、分娩の必需品となっています。
アラキドン酸は、生命誕生の際にも存在している成分という事で、女性にとって非常に大切なのです。

アラキドン酸の役目のひとつに「痛みを感じること」があります。
痛みを感じる事で安全に物事を進める事が可能になる場合があります。
痛みは危険予知とも言われており、生命維持にはなくてはならない感覚なので、鈍ってしまってはよくありません。

分娩中にアラキドン酸含有のPGE2を使用する理由は、痛みが強くなければお産が進まないことがあります。
そのため、痛みを感じる成分であるPGE2を使用し、陣痛促進剤を使用する事になるのです。
この様に、アラキドン酸は非常に重要な役目をするので、大切なのです。