不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸の特徴

脂肪酸の中で、不飽和脂肪酸を含有している物は、料理でも使用されるバターやラードに多く含まれております。
高温で溶解し、常温になると凝固する性質を持っており、体内に入ると固まりやすいので、コレステロールや中性脂肪を増やす原因となっています。

コレステロールや中性脂肪が増加すると、動脈硬化や脳梗塞等、重度の成人病を発症する原因にもなるのでとても注意が必要になります。
また、不飽和脂肪酸の働きは、血液内の中性脂肪、コレステロールを調整しますが、アラキドン酸が属する多価不飽和脂肪酸は、脳神経の発達促進や、情報伝達機能の向上、さらには免疫機能の調整効果等があり、現在注目されている不飽和脂肪酸の一つとなっています。

アラキドン酸は細胞膜内の脂質に多く存在しており、その役目は細胞膜を柔軟にし、それを維持する働きがあります。
また、情報伝達のための電気信号などをしっかりとキャッチし、その機能向上を促進させる効果があります。

現在日本は高齢化社会が進んでおり、痴呆等の予防や改善にアラキドン酸が非常に良い効果を発揮するという事がわかってきており、かなり注目されている成分でもあるのです。
アラキドン酸は、脳の健康に有効であり、非常に重要な成分ではありますが、それらを人間の体内で生成する事が出来ません。
そのため、摂取するには食生活、あるいはサプリメントからになります。

記憶力や知識のためには、アラキドン酸が多く含有している食べ物レバーや卵を摂取しましょう。
しかし、食材から毎日摂取するのはとても大変な事です。
特に、この栄養素を含有しているのはコレステロールも多く含まれる食材なので、過剰摂取してしまうと、生活習慣病にかかってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

これらの事を考えると、不飽和脂肪酸からのアラキドン酸の摂取は、出来るだけサプリメントからの適量摂取をお勧めします。
サプリメントでの摂取では、アラキドン酸以外の栄養素も自然と摂取できるので、体や脳の健康を考えると、適した摂取方法となっています。
また気になるアラキドン産の副作用についても合わせて知っておきましょう。