不飽和脂肪酸

野菜中心の食生活でも率先して摂取

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。
これは野菜からは摂取出来ない栄養素で、人間の体内では生成する事が難しい成分なのです。

肉や魚は脂肪酸が含まれており、この脂肪酸は人間には必要な栄養素として知られており、バランスよく摂取する事が必要になっています。
過剰摂取してしまうと、コレステロール値が上がり、体内の悪玉菌を増加させてしまう原因になり、それが成人病の原因になるので注意が必要です。

重要なのは、これらの脂肪酸は適量摂取にしておく事です。
適量摂取すると、体の免疫力が上がる効果が期待できますし、健康維持するために必要なのです。

肉を食べると、体内で体に良いとされる必須脂肪酸になります。
この必須脂肪酸にはアラキドン酸が含有されていて、女性に嬉しい効果を得る事ができます。
その効果は、肌にハリを与え、美しい筋肉を形成し、脳が活発になるので記憶力が付いてきます。
また、脂肪酸により免疫力が上がり、うつ病などの症状を抑制や緩和してくれる作用を持っています。

必須脂肪酸であるアラキドン酸は体に良い成分となっており、積極的に摂取しておきたい成分ですが、残念ながら体内で生成する事が出来ない成分なのです。
そのため、食材やサプリメント、健康食品等から摂取する必要があります。

高齢になってくると、肉類などをだんだん避けるようになってきます。
しかし、加齢と共に免疫力などは低下していき、筋力や体自体が弱くなってくるのです。
しかし、高齢になってくる程、肉類をしっかり食べる事が健康維持につながります。
脂肪酸により、アラキドン酸を摂取し、十分な栄養素を体内に取り込む必要があるので、積極的に肉類を食べるようにしなければいけません。

食事から摂取するのが大変な場合は、サプリメントから摂取する必要があります。
アラキドン酸は、体内で生成する事が出来ない成分なので、毎日の食生活からの摂取や、不足分はサプリメントを活用しましょう。
これを機にアラキドン酸生活始めてみませんか。