不飽和脂肪酸

アラキドン酸は神経新生を促進

人間の脳神経細胞は、5歳まではとても速いスピードで成長していきます。
二十歳までは成長して脳事態の重量を増やしていきますが、二十歳を過ぎると、脳の成長は終わります。
二十歳を過ぎた後の脳は、日々10万個程度の神経細胞が減少し、高齢者になる頃には脳 細胞の数は、大幅に減少している事になります。

認知症は高齢者に多い症状で、物忘れや記憶障害が出てきますが、これは脳神経の数が減少して、記憶力や学習力の低下を招いているとされています。
しかし現在の研究では解明できている部分と出来ていない部分があります。

脳神経細胞の減少は、加齢と共に進行していくのですが、これを食い止める方法があるので、今後の研究でも期待されているのです。

脳神経は、アラキドン酸を摂取する事で増加させることが出来るという事が判明しているのです。
アラキドン酸は、神経新生の役割を持っており、これを摂取すると脳神経の減少を抑えるだけでなく、神経細胞を増加させてくれる働きを持っています。

アラキドン酸は、人間の皮膚や脳、肝臓に含まれている成分になりますが、この成分が神経新生に欠かすことが出来ない物質になっています。
アラキドン酸による効果では、脳神経細胞を最新の状態に保つように働きかける事や、細胞分裂を繰り返し、細胞を新しい状態にするよう働きます。
また、神経細胞が劣るという事が無いように保つ働きを行うので、アラキドン酸は人間の脳神経細胞や体にとってとても重要な役目をしてくれるのです。

アラキドン酸を摂取すると他にも効果を実感する事が出来ます。
その一つが記憶力の向上で、学習能力の向上に期待が持てる事がわかっています。

その理由は、脳神経細胞が新生し、増加しているので、脳神経が活発になる為です。
アラキドン酸を摂取すると、神経新生効果で、神経細胞の健康状態に対応できるので、脳内ネットワークが活性化される効果を得る事が出来ます。
アラキドン酸で健康生活始めてみませんか。