不飽和脂肪酸

生活習慣病とアラキドン酸

アラキドン酸は脳内の神経新生に効果を発揮する成分として知られており、この成分によって、脳神経細胞の減少を抑えるだけでなく、増加させることが出来ます。

アラキドン酸は脂肪酸なので、動物性タンパク質を摂取すると生成できます。
摂取する肉類で代表的な物は豚肉であり、これらの脂質をしっかり摂取するとアラキドン酸の生成に効果を発揮します。

しかし、この摂取には気を付けなければいけない事があります。
確かに動物性タンパク質を摂取するのに肉類を食べるのですが、アラキドン酸を摂取するために、多くの肉類を食べるのは控えましょう。
必要な栄養素を摂取するために、過剰に肉類を食べると、脂肪酸が溜り、内臓脂肪として体内に蓄積されてしまい、メタボになってしまうので、生活習慣病の原因に繋がります。

脳神経が新生されても、その分体内の血管やお腹周りに脂肪が沢山ついてしまうのは、健康的ではありません。
しかし、これらの栄養素は必要であり、脳神経を増加させ、高齢になっても脳神経が減少する事無く維持する為に、サプリメントを摂取するという方法があるのです。
サプリメントなら効率的に摂取できますので、肥満になるおそれもありません。

肉でアラキドン酸を沢山摂取するのを避けたい方のために、カロリーを抑えた状態で、効率よく必要な栄養素だけ摂取できるような物が販売されています。
これらの必要な栄養素を必要なだけ摂取し、生活習慣病や高血圧等、成人病にかかるのを防ぐようにして、健康的な体を維持するのは非常に大切です。
しかし、健康な体を維持するのがとても大変な事になっているので、食生活の改善で生活習慣病を予防する場合、先ずはサプリメントをお勧めします。

サプリメントは、自分が必要としている栄養素を含有している物を選択する必要がありますが、場合によっては相乗効果を得るために必要な栄養素が入っている場合もあります。
サプリメントを購入する際には、必ずどの様な栄養素を含有しているか、表記を見て確認しましょう。