不飽和脂肪酸

アラキドン酸配合のテストステロン

肉類やリノール酸等を主とした食品より体内に取り込むと、血液や動脈、そして肝臓を構成する細胞膜の一部になるのがアラキドン酸です。
この成分は、タンパク質、糖質と同じように三大栄養素の一つとして脂質に分類さて、必須脂肪酸として必要な栄養素となっています。

しかし、人間に必要な栄養素となっているアラキドン酸は一日の摂取量目安が150mgと決まっており、
それ以上の摂取では体に異常な疾患を引き起こす原因にもなるので、気を付けなければいけない栄養素としても知られています。

また、この栄養素から生成される成分で知られているのがプロスタグランジと言われています。
この成分は筋肉強化に大変良い効果を発揮するので、多くの運動選手から支持されています。

アラキドン酸とホスホリバーゼというホルモンが作用すると、リン脂質から離れ、アラキドン酸カスケードが起きます。
これは、代謝の周期が活発になる現象で、この時に生成される物質がプロスタグランジであり、この成分は炎症の一つとして知られていますが、炎症の一つなので喜ばれません。
また、この物質は、一般的な方にはおすすめ出来る物質ではなく、日頃筋肉を鍛えている方に有効で、故意に炎症を起こし、筋肉の強化をしている選手もいます。

プロスタグランジというのは、タンパク質により筋肉を作る働きを促進させる作用があり、筋肉を使う人には効果を発揮します。
また、この成分には、筋肉痛を抑制する働きがあるので、筋肉痛を感じている場合、お勧めできる成分です。

筋肉痛の緩和をしていくと、またすぐに運動できるので筋力の増加につながる事になります。
筋肉を鍛えてもなかなか筋力が上がらないアスリートたちには、アラキドン酸を豊富に含有しているテストロンが使用されています。
この様な成分を効率よく摂取するには、サプリメントを愛飲する事をお勧めします。