不飽和脂肪酸

思考力にアラキドン酸が関係しているの?

アラキドン酸の役目や効果は、脳細胞に働きかけ、脳神経細胞の新生能力を促進させ、神経細胞の自己修復機能も向上させて、脳細胞が減少していくのを防ぐ役割を行っています。
この成分は、胎児段階から必要とされており、脳の発育、発達に大きく関わっている成分でもあります。

アラキドン酸が属するのは、多価不飽和脂肪酸で、DHAと同じように、脳をはじめ肝臓や皮膚に組織を生成する物質なのですが、残念ながら体内でこの成分を生成する事が出来ないのです。
また、この物質があるから出来る事が、シグナルの伝達です。
この物質が存在している場所は、細胞膜中のリン脂質と呼ばれる部分で、細胞と細胞の信号伝達を行っているので、大変重要な役割を持っています。

脳の発達では、神経細胞が多数の分裂を繰り返す事により、複雑化していくので、複雑なネットワークが完成していくと言われています。
記憶や思考力は、脳神経細胞の複雑化も大きく関わりを持っており、脳神経の末端にあるグリア細胞と呼ばれる部分に蓄積されています。

色々なこれらのデーターを照合させることにより、思考力の向上効果を発揮するのがアラキドン酸なのです。

脳に必要なニューロンやグリア細胞は、脳神経細胞を形成する上では欠かす事の出来ない成分になっていますが、体内で生成できないので外部からの摂取になります。
また、これらの成分や脳細胞は加齢と共に失われてしまう成分でもあるので、外部からの摂取で減少するのを防ぐ必要があります。

細胞膜の内側にあるリン性質などは、胎児や中高年にも欠かすことが出来ない成分となっているため、サプリメント等で摂取する必要があります。
また、アラキドン酸は、野菜には含まれない成分で、含有しているのは肉類や魚、卵になります。

アラキドン酸を含有している不飽和脂肪酸は、摂取しなければいけませんが、過剰摂取は止めましょう。
過剰摂取すると、成人病を引き起こす原因になります。
また、サプリメントもこれらの成分の他に、色々な成分を含有している物があります。
思考力の向上に相乗効果が得られるようなDHAやEPAを含有している物をお勧めします。