不飽和脂肪酸

化学構造式から理解

アラキドン酸の構造式は、20個の炭素が鎖状になり、その中に4か所二重結合による鎖が二つある事を示します。
それを表記すると20 4CH3(CH2)4(CH=CHCH2)4(CH2)2CO2Hという分子構造です。

アラキドン酸の構造式は省略する事ができ、20:4,n-6であらわす事ができます。
脂肪酸は大きく分けて3つに分類できます。
その分類の方式は、二重結合の数であり、不飽和酸、一価不飽和酸と多価不飽和酸の三つに分ける事が出来るのです。
また、二重結合がどこにあるかによっても分類され、n-3やn-6に分ける事が出来るのです。
アラキドン酸はこれによるとn-6に分類されます。

化学式や構造式で表すと、表記の際には化学式に直してみると含有している成分を見つける事が出来ます。
また、言葉ではわかりにくいですが、図式にするとわかる部分が、20本の線がつながり、途中で二重結合が4か所存在するというのがわかります。

図式では、ハチの巣の様なイメージですが、不飽和脂肪酸のアラキドン酸の図式の場合、シンプルに出来ているので理解しやすいのです。
アラキドン酸カスケードもアラキドン酸から始まるので、表記するとわかりやすい式となります。

その他の化学構造式を見ると、閉鎖的な物が多くありますが、アラキドン酸の構造式は文字に直してしまうとかなり難解です。
図式に直して構造式にする事で理解しやすい状態にしています。

しかし、これらの成分の構造式は、専門分野の方がわかりやすい状態に直しているので、一般的な方が一目見ても何の事がわからない場合があります。
構造式を覚えるのは、それだけ大変な事になりますが、理解出来るように解説している資料などが有れば参考にしてみましょう。

もし、筋肉増強や、脳神経細胞の増加等が目的でサプリメントを愛飲する場合、これらの成分が入っているか確認するために覚える事は大変良い事です。
どの様な成分を含有しているか確認するのに役に立ちますので、余裕があれば構造式を理解してみましょう。