不飽和脂肪酸

DHA・EPAとアラキドン酸

脂肪酸のなかでもアラキドン酸(ARA)はドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)とともに脳神経の生成に欠かせない成分です。
DHAとEPAはω-3系に属し、アラキドン酸はω-6系に属しているものですが、どちらにしても体内で合成されないので、外部から摂取する必要のあるものです。
これらは普段の食事の中で簡単に摂取できるものですが、効率を求めるのであればサプリメントがおすすめです。
どれも単体で摂るよりも、すべて配合している製品が望ましいです。

これらは全身にくまなく存在し、生命活動に欠かせない成分です。
母乳にも多く含有していますが、母乳を飲まない赤ちゃんのためにもアラキドン酸入りの粉ミルクが全世界で発売されています。
さらに、このDHAを多く持つ母体は産後うつ病になりにくいと言われています。
肉体面はもちろん、精神面でも効果を発揮するのです。
気力は脳が司っていますから、元気でいるためにはどちらにしても必要な成分なのです。
このように老若男女問わず必要な成分ですが、とくにDHAとアラキドン酸は加齢と共に減少が顕著です。
どれも1日1g以上の摂取が望ましいですが、高齢者ほど脂肪の多い食べ物を避けがちです。
また、偏食気味やダイエット中の方も摂取量に達していない可能性があります。
脳の健康に欠かせない物ですから、摂取している人と比べて頭の働きが鈍くなってしまいます。
そのため肉や魚を食事からとる機会の少ない人ほどDHA・EPA配合のアラキドン酸サプリメントを摂取しましょう。

逆に言えば、普段の食事で摂取できている(好き嫌いなく3食食べている)人がサプリメントを使用すると過剰摂取になる可能性があります。
過剰摂取でアレルギーやがんになる確率が上がります。
健康食品ですので、「普段の食事の不足分を補う」という考えが最も正しいです。